EUREKA GLOBAL SOLUTIONS 国際ビジネスアドバイサーEUREKA GLOBAL SOLUTIONS 国際ビジネスアドバイサー

EUREKA GLOBAL SOLUTIONS 国際ビジネスアドバイサー
International Business Advisory Services

海外進出~拠点マネジメントまで一貫したサービスを提供

日本貿易振興機構(ジェトロ)ロスアンゼルス事務所 食品関連規制アドバイザー

長年に亙るクロスボーダービジネスの経験に基づき、日本企業の国際化を様々な面からサポート致します。FDA(米国食品医療局)、USDA(米国農務省)、EPA(環境保護庁)、州関連規制のアドバイザリーや、FDAの申請や登録、販売促進のためのサポートなど日本企業の米国進出するため様々な面でのコンサルティングを行っています。米国進出、海外企業との提携やお取引先との関係構築 強化や問題解決のお手伝いも致します。

FDAのOBや各分野の専門サイエンティストに加え、日米両国で調査、営業、経営、会計、金融、医療の分野での豊富な経験と実績を持つコンサルタントが、日米の文化、慣習、規制等の相違を十分に理解した優れたサービスを提供致します。当社は戦略的問題解決のためのアドバイザリーを提供する事により個々のお客様のイニシアティブ推進をサポートします。


FDA関連ニュース

  • Bioengineered

    遺伝子組み換え作物(GMO)の表示が購入の意思決定に与える影響について

    2022年1月5日

    Industry DiveのシニアレポーターMegan Poinskiは、コーネル大学の研究結果によると、Non-GMO projectによる自主的な認証の方が、2022年1月1日より施行された強制的なBioengineering情報開示よりも消費者に大きな影響を与えているであろうと記述しています。…続きを読む »

  • Top Three Hazards Most Frequently Reported Primary RFR Entries to Date by Year

    FDAの報告対象食品の登録プロセスの迅速化と簡便化

    2022年1月5日

    FDAは、食品業界が安全でない食品をFDAに通知するために不可欠なツールであるReportable Food Registry(RFR)の過去のデータを誰でも容易に閲覧できる、公開データ
    ダッシュボードを新たに公開しました。…続きを読む »

  • Seafood

    スコンブロトキシン(ヒスタミン)生成魚介類の分解とヒスタミンについて

    2021年12月23日

    米国食品医薬品局は、魚及び水産物の腐敗及びヒスタミンに関する現行のCPG Sec.540.525を改訂したCompliance Policy Guide(CPG)のドラフトを発行しています。このCPGのドラフトは、サーベイランスのサンプリングや検査で確認された腐敗やヒスタミンに関連した粗悪品にFDAが対処するためのガイダンスを提供するものです。…続きを読む »

  • FSMAの特定の免除対象についてのガイダンス更新

    2021年12月21日

    米国食品医薬品局(FDA)は、FDA食品安全近代化法(FSMA)規制とFSMA以前の規制との関連性を説明するため、FDAのジュースHACCP(危害分析重要管理点)、水産物HACCP、低酸性缶詰食品の規制対象食品メーカー向けのガイダンス文書3つを更新しました。…続きを読む »