EUREKA GLOBAL SOLUTIONS 国際ビジネスアドバイサーEUREKA GLOBAL SOLUTIONS 国際ビジネスアドバイサー

EUREKA GLOBAL SOLUTIONS 国際ビジネスアドバイサー
International Business Advisory Services

海外進出~拠点マネジメントまで一貫したサービスを提供

日本貿易振興機構(ジェトロ)ロスアンゼルス事務所ヘルスケア分野アドバイザー

長年に亙るクロスボーダービジネスの経験に基づき、日本企業の国際化を様々な面からサポート致します。FDA(米国食品医療局)、USDA(米国農務省)、EPA(環境保護庁)、州関連規制のアドバイザリーや、FDAの申請や登録、販売促進のためのサポートなど日本企業の米国進出するため様々な面でのコンサルティングを行っています。米国進出、海外企業との提携やお取引先との関係構築 強化や問題解決のお手伝いも致します。

FDAのOBや各分野の専門サイエンティストに加え、日米両国で調査、営業、経営、会計、金融、医療の分野での豊富な経験と実績を持つコンサルタントが、日米の文化、慣習、規制等の相違を十分に理解した優れたサービスを提供致します。当社は戦略的問題解決のためのアドバイザリーを提供する事により個々のお客様のイニシアティブ推進をサポートします。


FDA関連ニュース

  • ヨーグルト

    FDA、ヨーグルトのアイデンティに係る基準を改定

    2021年6月9日

    米国食品医薬品局(FDA)は、ヨーグルトの製造における柔軟性と技術的進歩を可能にするために、ヨーグルトのアイデンティティに係る基準を修正し、近代化するための最終規則を発行しました…続きを読む »

  • ごま

    ゴマのアレルギー表示義務化

    2021年4月26日

    2004年食品アレルゲン表示・消費者保護法(FALCPA)の制定以降、「主要な食品アレルゲン」を含む原材料を含む食品のラベルには、同法に記載された方法でアレルゲンの存在を表示する事が求められています…続きを読む »

  • babyfood

    FDA、乳幼児向け食品からの有害物質への曝露を低減するためのアクションプランを発表

    2021年4月8日

    米国食品医薬品局(FDA)は、最も脆弱なカテゴリーとみられる乳幼児を保護することを最優先事項の一つとしており、4月8日に新たなアクションプラン「Closer to Zero(ゼロにより近づける)」を発表しました…続きを読む »

  • 葉物野菜

    葉物野菜の安全性を高めるための2つの重要な対策

    2021年4月6日

    米国食品医薬品局(FDA)は、葉物野菜の安全性を進めるために2つの重要な対策を講じています。1つ目は、葉物野菜を原因とする2020年秋に発生した大腸菌O157:H7感染症の調査報告書の公開です。…続きを読む »